透網代箱(すかしあじろばこ)

松本破風(まつもとはふう)

受賞
: 日本工芸会会長賞
出品
: 平成26年 第61回日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

新しい形に挑戦し、高い評価を得た本展を代表する作品。底部の水平面を除き、すべてを感性豊で繊細な曲線で構成する。用途を菓子器と見立てると楽しい連想が浮かぶ。被せ蓋にあたる透かし網代から中味が涼しげに見えてくる。強度を保持するために籤(ひご)を要所に適確に使い、結びの技術も見事である。拭き漆の仕上げも美しい。(竹内順一)

透網代箱