• 染織
  • 紬織着物「森に懸かる径」

  • つむぎおりきもの「もりにかかるみち」
  • 村上 良子
  • むらかみりょうこ
  • 重要無形文化財保持者
  • 第36回日本伝統工芸展(平成元年)
    東京都知事賞
  • 技法
    紬織
  • 受賞総評
    濃藍の陰影に絣織が効果的である。深山路に木洩れ日が映えて、どこまでも続いているような、自然をモチーフにした情感を、経緯の制約の中で巧みに表現している。技術の精巧さや、趣味性にとらわれることなく、発想から完成に至るまで、制作姿勢の一貫性によって生まれた力作である。
  1. 公益社団法人 日本工芸会