• 染織
  • 紬織訪問着「秋過」

  • つむぎおりきもの「しゅうか」
  • 村上 良子
  • むらかみりょうこ
  • 重要無形文化財保持者
  • 第49回日本伝統工芸展(平成14年)
    高松宮記念賞
  • 技法
    紬織
  • 受賞総評
    “線”による伝統的な絣柄を“面”に展開することで、見事に古典的な定型を脱している。 糸染は金茶が山桃、灰色が粗樫の実の草木染めによる。 その灰色は白場の緯糸にも用いられ、透明感のある三つの色面を優雅に調和させている。 斬新でありながら、紬本来の優しさを兼備した逸品である。
  1. 公益社団法人 日本工芸会