蒔絵八角箱「月華」(まきえはっかくばこ「げっか」)

大角裕二(おおかどゆうじ)

受賞
: 文部科学大臣賞
出品
: 平成26年 第61回日本伝統工芸展
分野
: 漆芸

八角形の縦長の箱で、印籠蓋造型であるが、蓋部分の側面が長く、身の側面もそれに合わせて長い。蓋表には彩切貝技法で正円形を作り、中に裏彩色技法で狐を浮かび上がらせている(裏彩色を施さない、貝本来の透過光に文様を浮かばせている)。側面は、高台寺蒔絵スタイルの跳ね飛ぶようなリズミカルな薄文を、蒔貝風の貝小片を一列に並べたものと、銀蒔地に描割りによるものの二種類で、八面に交互に表している。身は二重になっており、一つおきの四面に、上に兎、下に狐の組み合わせで、交互に金と銀の蒔絵で表している。全体として秋の月夜に気持ち良く遊ぶ狐と兎が、抑揚豊かなスタイルを持ってあらわされており、実に爽快な作品である。(金子賢治)

蒔絵八角箱「月華」