沈金色紙箱「遊舞」(ちんきんしきしばこ 「ゆうぶ」)

鳥毛清(とりげきよし)

受賞
: 日本工芸会東日本支部長賞
出品
: 平成16年 第44回日本工芸会東日本支部 伝統工芸新作展
分野
: 漆芸

横臥する猫に去来するものは・・・。夢想曲でも聴いているのだろうか。\r\n呂色漆の黒色を生かし、毛彫りの猫、点彫りのレース、様々な沈金技法を用いた、\r\n内底の蝶からは、細やかな心配りが感じられる。\r\n優れたノミ使いと長年彫り続けてきたモチーフへの愛情が格調高い上品な作品を\r\n生み出したと言える。(増村紀一郎)

沈金色紙箱「遊舞」