沈金飾箱「緑風」(ちんきんかざりばこ「りょくふう」)

鳥毛清(とりげきよし)

受賞
: 高松宮記念賞
出品
: 平成23年 第58回日本伝統工芸展
分野
: 漆芸

蔦の蔓に、小さなイトトンボがとまっている。のどかな夏の情景を、沈金で意匠を表す。通常は、文様部分に沈金を施すのだが、逆転して背景部分に沈金を施して、イトトンボは黒地のままである。深い蓋を上げると、中は二段で、同様意匠が身の側面にも続く。蓋や身の中段を90度回転させてかぶせても、意匠は全て連続している。                                     (小池富雄)

沈金飾箱「緑風」