沈金栗鼠図飾箱(ちんきんりすずかざりばこ)

鳥毛清(とりげきよし)

受賞
: 日本工芸会東日本支部長賞
出品
: 平成20年 第48回日本工芸会東日本支部 東日本伝統工芸展
分野
: 漆芸

漆黒と黄金の対比の中で、団栗を啄ばむリスと楢の葉を表している。厳しい冬に向う森の中で逞しく生きる小動物の生命感を、沈金の写実的な描法で表出している。形、色、質感、そして充実した気力と技が、作者独自の象徴的な世界を創り出している。今、注目される作家である。(内田篤呉)

沈金栗鼠図飾箱