彩切貝野の花文短冊硯箱(いろきりがいののはなもんたんざくすずりばこ)

三好かがり(みよしかがり)

受賞
: 朝日新聞社賞
出品
: 平成23年 第51回日本工芸会東日本支部 東日本伝統工芸展
分野
: 漆芸

長方形、面取りの箱で、内部が二重構造になっており、上段に水滴、硯が嵌め込まれ、下段に短冊を納めるようになっている。蓋表三面には彩切貝による梅の折枝様式の文様が規則的に配されている。梅はいわゆる梅鉢型であるが、芯に当たる部位を除いてある。梅文型文様の可憐なスタイルにスレンダーな箱型が相俟って、極めて品格高い作品に仕上がっている。(金子賢治)

彩切貝野の花文短冊硯箱