• 漆芸
  • 蒔絵螺鈿八稜箱「彩華」

  • まきえらでんはちりょうばこ「さいか」
  • 室瀬 和美
  • むろせかずみ
  • 重要無形文化財保持者
  • 第49回日本伝統工芸展(平成14年)
    日本工芸会奨励賞
  • 技法
    蒔絵、螺鈿
  • 受賞総評
    素地は、乾漆技法で成型されている。側面の装飾は、二種類の花紋を配し、 蓋上面に光を表現する。花紋は、夜光貝螺鈿に金粉、青金粉に各種乾漆粉を蒔き込み、 色彩を持った細密で多彩な蒔絵技法が駆使されている。 地蒔には、金平目粉による蒔絵が施され、王朝時代の香りを漂わせた 品格のある作品に仕上げられている。
  1. 公益社団法人 日本工芸会