• 金工
  • 赤銅四分一編込接合文箱

  • しゃくどうしぶいちあみこみせつごうふばこ
  • 家出 隆浩
  • いえでたかひろ
  • 第36回東日本伝統工芸展(平成8年)
    日本工芸会東日本支部賞
  • 受賞総評
    作者が近年手がけている編込文様を作品の中心に通し、左右は無地の銀を配した文箱。編込は赤銅・四分一ニ種の金属を平織りのように交互に編み、鎚で段差を徐々になくし、一枚の金属板にしたもので金属の展延性を利用した新技法である。文様部と無地部とのコントラスト、その分量のバランス、覆輪の形・太さ・金色等知性と感性にささえられた高度の金工技術は観る者を引きこむ。作品からあふれる若々しいさわやかさが印象的だ。
  1. 公益社団法人 日本工芸会