砂張千筋文様水指(さはりせんすじもんようみずさし)

重要無形文化財保持者 三代 魚住為楽(うおずみいらく)

受賞
: 文部大臣賞
出品
: 平成10年 第45回日本伝統工芸展
分野
: 金工

砂張という銅に錫を加えた合金を、可能な限り薄く鋳造した後、轆轤挽きして作られた平水指である。 渋く漆で焼き付けた色合いは砂張独特の味わいを醸し出している。 胴にめぐらした繊細な千筋と黒地に浮き出した蒲の穂を思わせる文様の織りなす対比が美しい。 簡潔な形の中に、ひたむきに努力された作者の技が見事に集結した作品である。

砂張千筋文様水指