打出し香爐「森閑」(うちだしこうろ「しんかん」)

重要無形文化財保持者 桂盛仁(かつらもりひと)

受賞
: 東京都知事賞
出品
: 平成10年 第45回日本伝統工芸展
分野
: 金工

この香爐は赤胴、四分一、金を用いて、鍛金の技法で作られている。 特に火屋の木菟の抓は作者が最も得意とする伝統金具の打出しの技術を用いて作った 形の美しい抓で、この作品全体を心地良く引き締めている。 森の表現は彫金と鍍金を用いて森の静かな雰囲気を巧みに表現していて、 誠に作者の訴えたいと願った情趣の表現は見事成功した秀作である。

打出し香爐「森閑」