久留米絣着物「思い出」(くるめかすりきもの「おもいで」)

柿原真木子(かきはらまきこ)

受賞
: 日本工芸会新人賞
出品
: 平成26年 第61回日本伝統工芸展
分野
: 染織

斬新な孔雀の羽根文と花火文は、作者が幼い頃に見た久留米駅で飼われていた孔雀であり、親に手を引かれて行った水天宮の夏祭の花火であるという。濃く深い藍地に冴えて浮かぶ白と淡藍の経緯絣の妙は、絵柄が特長の女絣の伝統を真摯に受け継ぐ作者の技である。思い出の情景を率直な感動のままに、構図と藍の濃淡の配置に結実させた清新な意欲作である。 (水上嘉代子)

久留米絣着物「思い出」