鍛朧銀面取鉢(たんおぼろぎんめんとりばち)

重要無形文化財保持者 田口壽恒(たぐちとしちか)

受賞
: 日本工芸会総裁賞
出品
: 昭和59年 第31回日本伝統工芸展
分野
: 金工

この鉢は、純銀と銅を主体とし、少量の純金を加えた非常に加工し難い合金材料を用い、当て金と金鎚とにより、幾万回となく鎚打ちされることにより作られた形状と、面の磨き上げ手法を配分し、朧銀という硬い金属のもつ特性を、洗練された技術で引き出している。

鍛朧銀面取鉢