鍛朧銀四方水指(たんおぼろぎんよほうみずさし)

重要無形文化財保持者 田口壽恒(たぐちとしちか)

受賞
: 日本工芸会奨励賞
出品
: 平成8年 第43回日本伝統工芸展
分野
: 金工

朧銀とは、銀と銅の合金で硬くて加工しにくい素材である。 金属の素材を打って器形を作る鍛金技法で作られた水指だが、穏やかなフォルムの中に、 四方の筋が全体の形をひきしめており、作者の積み重ねられた技術と経験によって、 素材の持味が十分にひきだされた秀作である。

鍛朧銀四方水指