花籃「律」(はなかご「りつ」)

永田勝実(ながたかつみ)

受賞
: 木竹参与賞
出品
: 平成25年 第14回伝統工芸 木竹展
分野
: 木竹工

神戸の港にたたずむ鼓の形のタワーのように、凛と立つ姿が清々しい。真竹を用いて、内側には濃い色の材をゆったりと組み、淡い色の材の外側に14本ずつの濃い色から淡い色に染め分けた材を斜めに並べた櫛目編とし、口の方が底よりも広がりをみせる鼓の形とした。表の巧みなグラデーションと編み目の隙間から見える下の材の線と色の共演がみごとである。(横溝廣子)

花籃「律」