花籃「木陰」(はなかご「こかげ」)

永田勝実(ながたかつみ)

受賞
: 第50回展記念賞
出品
: 平成22年 第50回日本工芸会東日本支部 東日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

竹工芸は編技法と組技法に大別されるが、本作品はゆったりとした小判型に組まれた花籃である。透かし編にした内籃の外側に、黒を基調とした縦材と中央部には巾違いの竹材を、赤くグラデーションに染め分け切り込み文様を入れている。ほのかに浮かび上る楕円形の文様が心地良く、品のある作品に仕上がっている。(田中旭祥)

花籃「木陰」