風通織木綿着物「寒蝉」(ふうつうおりもめんきもの「ひぐらし」)

小林佐智子(こばやしさちこ)

受賞
: 日本工芸会賞
出品
: 平成23年 第42回東海伝統工芸展
分野
: 染織

「寒蝉」の字で表される作者のイメージに呼応する風通織です。表裏の糸が交差する二重織によって生み出される格子文様を経糸の流れに配し、濃淡を用いた藍と灰色を基調とした色遣いを生かした構成でまとめられています。色面の強さと色合いの深みが調和し、落ち着いた雰囲気の中に明快なリズムが心地よく感じられます。糸使いにも大変配慮がなされ、二重組織の重くなりがちな課題にも、細い綿糸を使用することにより、繊細で緻密な風合いに仕上げられ、見事な作品として強く印象に残ります。

風通織木綿着物「寒蝉」