灰釉大皿(はいゆうおおざら)

竹内孝一郎(たけうちこういちろう)

受賞
: NHK名古屋放送局長賞
出品
: 平成25年 第44回東海伝統工芸展
分野
: 陶芸

エッジのきいた大皿に、絶妙にかけられた2種類の灰釉が魅力的な作品である。まず形の良さを評価したい。さらに焼き上がりの微妙な質感は硬質でありながら、土を焼くことのよさを十分に見せている。釉薬を手ですくい、かけまわすという作業は、何度もやり直したという。その効果は絶大であったが、それゆえに収まりすぎという思いが残り、この部分に破調を求める気持ちが働くのは、作家に酷であろうか。(榎本徹)

灰釉大皿