栃拭漆十角飾箱(とちふきうるしじゅっかくかざりばこ)

市川正人(いちかわまさと)

受賞
: 日本工芸会新人賞
出品
: 平成26年 第61回日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

美しい杢目の栃材の外側は、拭漆で赤茶で仕上げられ、内側は楓材の白色を生したこの箱は、外側と内側両方に魅力を秘めている。十角面を持った指物の箱は、角という平面的な言葉から想像できないような球面を備えている。角という堅いイメージから全体を鉋で削った球面が柔らかさを醸し出している。作者の高度な技術と感性が感じられる。 (松原龍一)

栃拭漆十角飾箱