欅拭漆盛器「弦月」(けやきふきうるしもりき「げんげつ」)

川口清三(かわぐちせいぞう)

受賞
: 日本工芸会賞
出品
: 平成25年 第14回伝統工芸 木竹展
分野
: 木竹工

一見、轆轤で成形した作品の様に見えるが、実は刳り物の技法で作った物である。木に同心円を描くと木目があるために、目の錯覚で正円に見えない場合がある。作者はそれを克服しようとし、目視での正円を目指した。形は単純な二つの円の構成で弦月を表すが、作者の美に対する強い探究心がうかがえる手仕事ならではの作品となった。(宮本貞治)

欅拭漆盛器「弦月」