神代欅拭漆盤

川口清三(かわぐちせいぞう)

受賞
: 東海伝統奨励賞(中部近鉄賞)
出品
: 平成10年 第29回東海伝統工芸展

時の流れを忘れたかのように、土の中に永く眠っていた欅はそれ自体落ち着いた色調を持ち、人を倦着させることはありません。そしてたっぷりと「漆」を吸った「欅」は、重厚さが増し、さらに人を魅了します。しかし、それはややもすると重苦しく感じさせる原因となりますが、形の良さで問題を解決しています。\r\n四方という単純な形ですが、辺に脹らみを持たせ、四隅を引き締めるかのように厳しく仕立ててあるのは、作者の狙いでもあろうし、成功しています。\r\n厚みも程よく、重さも丁度良い。眼で良し、持って良し、手元におきたくなる一品です。

神代欅拭漆盤