欅拭漆盤

川口清三(かわぐちせいぞう)

受賞
: 中日賞
出品
: 平成9年 第28回東海伝統工芸展

木工芸で一番大切な要素は、材質をいかに生かすかという事で、特に自然の杢目を表現して、形との調和がポイントになります。木との対話が最も大事です。\r\n手もとの欅材で何を造るのが最良であるかを考え、木をノミで彫り小鉋で仕上げる刳物技法で制作をしています。形も大きさも品よくまとめられ、拭漆の仕上げもみごとであり、日々の努力の程がうかがえる優品です。

欅拭漆盤