シャム柿短冊箱

川口清三(かわぐちせいぞう)

受賞
: 名古屋市長賞
出品
: 平成4年 第23回東海伝統工芸展

木工技法の中には、指物、逸物、曲物、刳物とあります。この作品は、シャム(今のタイ国)の黒柿材によって刳物技法(ノミで刳り、小さなカンナで仕上げる)で造られた、被せ印籠作りの短冊箱です。甲盛の柔らかな曲線と側面の曲線を優しく出すことによって優雅な感じが創り出されています。\r\n木理の綾す美しさと曲面の柔らかさとの調和のバランスが良く、みごとに格調高く仕上げられています。\r\n素材の持つ特性が十分に生かされ、そして造形感覚と卓越した技術がうかがえる優品です。

シャム柿短冊箱