香椿造盛器(こうちんづくりもりき)

川北浩彦(かわきたひろひこ)

受賞
: 日本工芸会奨励賞
出品
: 平成14年 第49回日本伝統工芸展
分野
: 木竹工

香椿は、栴壇科の大径木で素地の耐腐性は抜群である。大自然雨ざらしの中、多種木材中最も永く原型をとどめる材であり、 色合いが紅色で美しく、触感、重量感が良く芳香がある。作者はこの材の特性である色合いを重んじ、漆仕上げに気を配り、運びに安心感のある、つばの形態としている。径に対する巾の割合いも適切で、緑部二本の銀線象嵌は器型を引締めており、 見事な仕上がりである。  我が国には多くの樹種が成育し、それらを大いに生かす事が大切である。この作品は各地山麓に生育の逸材を作品としたものである。

香椿造盛器