花籃「卯波」(はなかご「うなみ」)

佐川素峯(さがわそほう)

受賞
: 奨励賞
出品
: 平成24年 第52回日本工芸会東日本支部 東日本伝統工芸展

丸竹のときに一度染めてから柾割材として、編む前にもう一度染めると千集部分の色が強くなり卯波の表現に応用されている。漆の艶は押さえてあるが、内側は平割材を用い外側と対比させて卯波の季節感を出している。作品で詩情感を表すことに一石を投じた作品である。(勝城蒼鳳)

花籃「卯波」