• 木竹工
  • 神代楡挽曲造食籠

  • じんだいにれひきまげづくりじきろう
  • 灰外 達夫
  • はいそとたつお
  • 重要無形文化財保持者
  • 第50回日本伝統工芸展(平成15年)
    NHK会長賞
  • 受賞総評
    板材に鋸で挽目を入れ、22面に折り矯めて、円形に近い穏やかな形姿を作り出している。 また、合口の位置をやや下にすることで、蓋と身の配分も工夫がなされている。 その合口と上下の縁廻しに用いられた神代桂が、主材である神代楡の柾目の美しさを いっそう引き立てており、一見控え目ながらも清楚で気品に満ちた秀作である。 (寺尾健一)
  1. 公益社団法人 日本工芸会