第15回伝統工芸木竹展(平成27年)

■出品作品

⑴ 出品資格 公募とし、日本工芸会所属の会員のみならず一般木竹工作家とする。
⑵ 出品作品 自作、かつ未発表の作品で、本部会展の趣旨に添うものとする。作品の大きさは長辺60㎝以内で三辺の合計が120㎝以内のものとする(但し、机、棚、風炉先屏風、手付花籃は除く)。なお、この大きさを超えた場合は選外扱いとする。
⑶ 出品点数 一人2点以内とし、セットのものは1点とみなす。

■出品料

日本工芸会会員 12,000円(点数にかかわらず/図録引換券 1冊分を含む)
一般出品者   15,000円(    〃       )

■輸送搬入

○ 申込期限
日本工芸会内「第15回 伝統工芸木竹展実行委員会」宛に出品料を添え、現金書留郵便にて平成27年4月7日(火)までに必着のこと。
○ 出品作品受付期間 
平成27年4月14日(火)10時~16時及び4月15日(水)10時~12時必着。

◎出品費用 作品の搬入及び搬出に要する費用は、出品者の負担とする。

■作品搬入先

〒273-0017 千葉県船橋市西浦3-7-10 
船橋プロロジスパーク船橋4(東京納品代行㈱船橋センター)気付
(℡ 047-435-9518)「第15回 伝統工芸木竹展」係宛

■陳列作品

陳列する作品は、下記のとおりとする。但し、遺作については、出品を委嘱して陳列することができる。
⑴ 重要無形文化財保持者の作品 ⑵ 鑑審査委員の作品 ⑶ 特待者の作品 ⑷ 鑑査に合格した作品 ⑸ 遺作

■審査

⑴ 陳列する作品を鑑査し、授賞作品を審査決定するために、鑑審査委員会を置く。
⑵ 鑑審査委員は若干名とし、実行委員会の議を経て、実行委員長が委嘱する。
⑶ 鑑審査委員の互選により、委員長1名及び副委員長1名を置く。

■賞・入選発表

出品作品のうち、優秀なものに対し、下記のとおり授賞する。ただし、重要無形文化財保持者、鑑審査委員及び特待者の作品は、授賞の対象としない。
・文部科学大臣賞  1点  ・東京都教育委員会賞  1点  ・朝日新聞社賞  1点
・木竹参与賞    1点  ・日本工芸会賞  2点

鑑査結果の発表は、書面をもって4月21日(火)に発送して行う。電話による問い合わせには応じない。なお、結果通知に図録引換券1枚を同封する。

■作品搬出

⑴ 選外作品の搬出は、平成27年4月24日(金)午後2時~午後4時に、日本通運(株)関東美術品支店(東京都中央区新川1-1-5)で預かり証と引き換えに行うものとし、実行委員長の許可なく搬出することはできない。なお、陳列作品の搬出日時については、追って該当者に通知する。
⑵ 輸送を希望する者には、着払い(荷造輸送費一切及び保険料を含む)にて輸送業者に委託する。
⑶ 搬出時に搬出しない作品は、輸送を希望したものとみなす。

■募集に関するお問い合せ先

〒110-0007 東京都台東区上野公園13-9 東京国立博物館内 
公益社団法人 日本工芸会
第15回 伝統工芸木竹展実行委員会    
電話 03-3828-9789  Fax 03-3828-0025

※出品申込書は事務局で配布・郵送しております。ご希望の方は上記事務局までご連絡ください。