• 漆芸
  • 乾漆嵌螺鈿箱「花茗荷」

  • 山岸 一男
  • やまぎしかずお
  • 重要無形文化財保持者
  • 第16回日本伝統漆芸展(平成11年)
    日本工芸会賞
  • 技法
    乾漆、螺鈿
  • 受賞総評
    菊花で埋め尽くされた、文字どうりの菊畑を、少し斜めの方向を持った段状に連続させて画面を構成している。作者はこれまでも竹林や梅の木を同様に斜交する段状に配した心地よいリズム感を持った作品を発表してきたが、今回は一段とそれが印象深い。それには黄色の大胆な使用が大きな役割を果たしている。硬質な質感を求めてあえて顔料を用いて色彩を作り出していく作者の制作方針が極めて効果的に発揮され実に若々しい作品に結実している。
  1. 公益社団法人 日本工芸会