• 漆芸
  • 金銀象嵌漆箱「行く河」

  • きんぎんぞうがんうるしはこ「ゆくかわ」
  • 山岸 一男
  • やまぎしかずお
  • 重要無形文化財保持者
  • 第25回日本伝統漆芸展(平成20年)
    第25回展記念賞
  • 受賞総評
    作者は黒部渓谷に行った折りに見た川の流れの美しさを、又湖面に映える水鳥の波紋のおもしろさを表現した。水の流れの部分は片切刀の角度を鋭くして連珠紋の様に彫り金、銀の象嵌を平らに研ぎ仕上げ、波紋の部分は太く深く線彫して盛り上がった線象嵌に仕上げ合間を点彫の素彫で仕上げてある。行く河の流れは絶えずしての、方丈記から題名を「行く河」としてある。(記小森邦衞)
  1. 公益社団法人 日本工芸会