• 漆芸
  • 漆象嵌盤「涼蔭」

  • うるしぞうがんばん「りょういん」
  • 山岸 一男
  • やまぎしかずお
  • 重要無形文化財保持者
  • 第57回日本伝統工芸展(平成22年)
    朝日新聞社賞
  • 受賞総評
    初夏の黒部峡谷の景観をモチーフにした。樹々の緑が水面に映え、川舟とその周りに起こる波紋を沈金でデザインした。沈金は、固く引き締まった線を出すために黒漆を通常の3倍から4倍の厚さに塗り、そこに金と緑漆を象嵌した。特殊な沈金刀を用いて表した地の素彫り、フリーハンドで均等に引いた描線などの高い技術力を背景に、作者の創意が表出した作品である。                                     (内田篤呉)
  1. 公益社団法人 日本工芸会