• 漆芸
  • 沈黒緑陰箱「能登有情」

  • ちんこくりょくいんはこ「のとうじょう」
  • 山岸 一男
  • やまぎしかずお
  • 重要無形文化財保持者
  • 第52回日本伝統工芸展(平成17年)
    高松宮記念賞
  • 受賞総評
    アテ材による印籠蓋造(いんろうぶたづく)り指物の箱。初夏に能登の古い禅寺を訪ねたときの瑞々しい感興を意匠にした作品。銀地に点彫りでアテの樹を、側面には青金の上から片切彫(かたきりぼり)でメヒシバの穂先を描いている。卓越した自在な沈金技法と金・銀・黒のコントラストとが見事に融合した秀作。ここにはたおやかな涼風が樹間を渡り、自然に向き合う作者の豊潤な眼差しがある。(橋隆博)
  1. 公益社団法人 日本工芸会