乾漆蓮花食籠(かんしつれんげじきろう)

林曉(はやしさとる)

受賞
: 文部科学大臣賞
出品
: 平成21年 第56回日本伝統工芸展
分野
: 漆芸

底ひなき深奥から湧き出(いず)る浄い水が静かに盛り上がり、いままさに蓮弁の間から流れ落ちるさまをイメージしたという。なるほど、蓋をあければ、懸子(かけご)と身にある金平目粉による蒔き暈(ぼか)し円文は、神や仏の存在、あるいはそれの発する霊気を暗示していて心にくい。黒の蒔き暈しにみる塗り肌の優美さはもとより、氏の卓越した鋭敏な造形力が、馥郁(ふくいく)とした蓮花のフォルムに昇華した秀作。                                     (高橋隆博)

乾漆蓮花食籠